Evening sky

日々の高校生活から特殊な趣味までを「広く浅く」で。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-10-16 [ Thu ]
予定更新日より5日過ぎての更新。
マニフェスト(公約)破っております、うちのです。
テスト明けの11日、12日、13日の三日間を使って、コアの製作取り掛かりました。
といってもとりあえず可変(頭部収納機構)が主で、それ以外の部分はそんなに進んでないのであります。
今回は、製作過程は載せず、途中までの画像をうpしておきます。


DSCF3116_convert_20081016010032.jpgちなみに画像大きくしてみました。 
一見、頭部がついてる普通のコア・・・
DSCF3117_convert_20081016010133.jpg右側のスカスカはきにしない。
正面から見るとこんな感じです。いたって普通です。しかし頭部を下に軽く押してみると・・・
DSCF3118_convert_20081016010156.jpg
首が引っ込んだ。             となるわけです。
仕組みは裏側を見ればわかるでしょ。
DSCF3119_convert_20081016010220.jpg
裏側の画像。
わかるか!!わかる分けない・・・。自分でもよくわかんないぞ。
わかりやすいように上の図を色分けて図で表してみました。
灰色の線=プラ板 ピンクの線=プラ角棒 黒の円=脚部接続用パーツ 黒の半円=受け軸
緑の線=可動用の軸 
これでわかったでしょうか?
DSCF3120_convert_20081016010253.jpg上から見た図
DSCF3121_convert_20081016010339.jpg変なところからの図

今回はこんなところです。今、コアのアサルトアーマーは可動式にするか差し替え式にするか迷っています・・・

スポンサーサイト
2008-09-21 [ Sun ]
やっと、更新。 といってもたいした進み具合ではありません

DSCF3016_convert_2008091723.pngまず、小さく切った方眼紙に図のような線を書き込みます。
DSCF3014.png次に一m厚のプラ板に先の図をトレースし、その通りに切り出します。
DSCF3032.png同じ形状のものをもう一枚作ります。
DSCF3034.png片方は、図の右のにあるように加工します。
DSCF3035.png次にそれを貼り合わせます。
DSCF3036.pngちょいと形状加工。 このパーツはいったい何かというと・・・DSCF3038.png頭部を接続するコアの一部パーツなのです。 とはいえ、変形可能にするにはこのままではいけないのです
DSCF3039.pngとりあえず、ポリキャップを裏側に、「SSP-HG」を使って接着します。
DSCF3042.pngSSPが硬化するまでの間、別パーツの製作にかかります。 図のような形状のプラ板を四枚切り出し、そのうちの二枚には穴をあけます。
今回はコレだけです。
DSCF3043.png
先に作った頭部接続用のパーツはSSPが硬化した後、おおよそ四角に削り、そこに角棒を接着します。
今回はコレで終了です。

                                                            

今回は、コレで終了です。
「フラジール」を作るかは、未だ未決定ですがもし製作する余裕があれば・・・という感じです。
ちなみに、零光治さんの模型ブログでは、今、有澤社長のネクスト「雷電」を製作してるみたいです。
しかも、脚部(タンク)はRCの戦車の改造で、遠隔操作可能にするようです。
まさに「無限の可能性」 なのです。

サイドバーにあるリンクのリストに載っているので是非、訪問してみてはいかがでしょう?









2008-09-09 [ Tue ]
なんだか急に肌寒くなってきたような気がする9月・・・。
なんか「時が過ぎるのって早いな~」と思うのは年寄りの証である。

はい、ほわぐり製作の六回目(実質七回目)ですが、未だコアの設計が終わらないため設計途中
の図面を掲示するだけにしておきます。
W.G コアはい、コレでありますよ。

誰だ、こんなの設計図じゃないとか言ったのは。

あ、いや、どこぞの誰かがそんなことを言いやがりましたので、つい。
おおざっぱ過ぎる気もしますが今はまだコレで十分なんです。
次回はOBの可変機構の設計を紹介します。

2008-09-06 [ Sat ]
さて、どっかの誰かさんが日本政治をを放棄したり、次の総理は誰だ誰だと馬鹿騒ぎしている今日この頃ですが、そんなこと気にするようなものでないんだぜ。
だって・・・ 期待してないから。 

はい、第六回・・・と言いたいところですが、まだコアの図面設計が完了していないので
今回は【仮】です。

コア製作時の最低条件
①OBは当然変形可能にする。
②ムービー内又参考資料のものから製作する。(ゲーム中のはクオリティーが低い)
③ならば頭部だって引っ込めるようにする。
④AA(アサルトアーマー)も展開可能にする(最低限差し込み式で、出来るなら可動。)
です。

設計図面は後で載せます。
2008-08-26 [ Tue ]
遅すぎる更新・・・終わる夏休み・・・始まる学校。
まあ、この約一ヶ月ちょっとは、今までの夏休みより少しは充実した気がします。
毎日ある塾三昧。野球のクラブチームによる試合での優勝、合宿、キャンプ・・・家族と出かけたり、
と、更新する暇がまったく無い。
まあ、それは仕方ないとしてこれからもスローペースで更新していくのでよろしく。
特にヴァーチェのようなふとましい体型のリキボーよ。

さて、それはおいといて、ほわぐりの製作を再開したいと思います。
DSCF2735.jpg前回、大胆にSSP-HG(瞬間接着パテ)を盛り終えたところで終わりました。
↑の画像は大まかに削り終えたところです。まだ形が少し違う・・・
DSCF2745.jpg更に少し削った所で、雰囲気付けに即席で作った角を接着。
うん、それっぽいようなそうでもないような・・・?
パーツ3あーでもない、こーでもないと、何回も盛ったり削ったり・・・ようやく形になったかな?
パーツ2コレが頭部の本体パーツです。
パーツ左がカメラ、右が頭部の口?あたる部分です。
ほわぐり頭部まあ、こうなるワケだ。

今回はとりあえず、ここまで。後はとりあえずポリパテ(ポリエチレンパテといって粘度の低いドロドロのパテ。小さな傷や穴埋めの処理に使われる。)を塗って、頭部はいったん保留です。
次回はW.Gの可変コアを作って行きたいと思います。

for Answer,,,

 | HOME |  »

2017-10

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

ツイットゥア

ACオフィシャルサポーター

FC2カウンター

掲示板

プロフィール

うちの

Author:うちの
name うちの(もちの)

呼ばれ方(リアル含)
内野 うっちー もちの
うちの 煮たまご 中途半端イケメソ
オタ野郎 黒豆 etc...

群馬県のとある町に住む、
裏オタな高校球児。

趣味は広く浅く・・・(多分)

ついでに闘争心の無い
だめピッチャー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

リンク<バナー付き>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。